全国民対象、「死亡消費税」 首相官邸の会議で提案される

全国民対象、「死亡消費税」 首相官邸の会議で提案される

+拡大する

No:262113505 投稿者:まさし Date:2013.06.19 19:16

6月3日、首相官邸で開催された社会保障制度改革国民会議で安倍ブレーンとして知られる民間委員の伊藤元重・東大教授から「経済財政の視点からの社会保障改革」という資料が提出された。増大する社会保障費の財源として、「高齢者医療費をカバーする目的での死亡消費税の導入」が提案された。
「死亡消費税」とは消費税のように国民全員に死ぬときに財産から一定の税率を“社会保障精算税”として納めさせるというもの。
これが実際に導入されるとこんなケースが必ず起きる。長年、介護してきた父が亡くなった。息子は介護のために会社を早期退職し、妻のパートで食べている。貯金も底を尽いた。遺産として同居していた家が残ったものの、評価額は3000万円。そこに「死亡消費税」の請求が届く。消費税並みの5%なら150万円、消費税引き上げ後の税率10%なら300万円になる。とても支払えず、家を手放すことになった──。
庶民を苦しめる悪税になるのは間違いないが、政府にとってはその税収が並み大抵のものではないのだ。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1765185.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


レス件数:4件(1/1ページ)


▼名前(全角32文字内)


▼コメント(全角1500文字内)※必須

◆コメントの文字色
◆コメントの文字サイズ

画像や動画等を添付する

※投稿可能ファイル容量は5MBまでです。
※ファイルは次ページで投稿します。


▼削除キー(半角英数字32文字内)※必須

※全角文字、記号及び絵文字は使用しないでください。

!!注意!!

出会いを求める内容の書込みや、金銭的なやり取りを伴う内容の書込み、荒らし行為等は禁止しております。
悪質な荒らし行為は、書込み禁止またはアクセス禁止とさせていただきます。
これらをご理解頂いた上で書込みをお願いします。

このスレッドのURL

ニュース速報一覧

注目ニュース一覧