家入一真氏「インターネッ党」立ち上げ、2020年までに区長選すべてに候補擁立

家入一真氏「インターネッ党」立ち上げ、2020年までに区長選すべてに候補擁立

+拡大する

No:266852623 投稿者:Number8 Date:2014.02.11 01:41

東京都知事選挙で敗北した家入一真氏が、新政党「インターネッ党」を立ち上げ、2020年までに東京23区の区長選すべてに候補者を送り込む計画を明らかにし、話題を呼んでいる。2014年6月の中野区長選が最初の一歩となる。

家入氏は、ホスティングサービスを手掛ける paperboy&co. の創業者。都知事選に立候補し、主要候補に続いて得票数5位に入った。都選挙管理委員会によると最終的な得票数は8万8,936票で、上位の候補とは1~2ケタの差があるが、同氏のソーシャルメディア上での発言は落選後も意気軒高で、今後の活動拡大に前向きな姿勢を崩していない。

インターネッ党は、都知事選で家入氏がかかげた政策の実現を目指すほか、機関紙としてメールマガジンを発行し、政策実行のためのコミュニティを構築するとしている。

また2020年までに東京23区の区長選すべてに候補者を擁立する考えで、公式サイトにスケジュールも公開している。具体的には6月の中野区長選を皮切りに、7月の杉並区長選、10月の品川区長選、11月の新宿区長選と、矢継ぎ早の選挙活動を予定している。

欧米ではすでに「インターネット政党」と呼ばれる政治活動が本格化しており、特にネットを通じた言論の自由や、政府の監視反対を掲げた海賊党(Pirate Party)が各国で盛んに情報を発信。欧州議会で議席を獲得するなど、一定の勢力を持つようになった。

日本では従来、ごく散発的な活動のみ存在していたが、今後インターネッ党のような試みが大きな流れになるのかどうかが注目される。

(著:インターネットコム編集部)

http://news.nicovideo.jp/watch/nw946038?cc_referrer=nicotop_news

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


レス件数:1件(1/1ページ)


▼名前(全角32文字内)


▼コメント(全角1500文字内)※必須

◆コメントの文字色
◆コメントの文字サイズ

画像や動画等を添付する

※投稿可能ファイル容量は5MBまでです。
※ファイルは次ページで投稿します。


▼削除キー(半角英数字32文字内)※必須

※全角文字、記号及び絵文字は使用しないでください。

!!注意!!

出会いを求める内容の書込みや、金銭的なやり取りを伴う内容の書込み、荒らし行為等は禁止しております。
悪質な荒らし行為は、書込み禁止またはアクセス禁止とさせていただきます。
これらをご理解頂いた上で書込みをお願いします。

このスレッドのURL

ニュース速報一覧

注目ニュース一覧