長野県民は、なぜ平均寿命全国1位なのか?

長野県民は、なぜ平均寿命全国1位なのか?

+拡大する

No:262113099 投稿者:いいね♪ Date:2013.06.19 18:39

日本総合研究所「日本でいちばんいい県 都道府県別幸福度ランキング」でナンバーワンを獲得し、厚生労働省発表の最新平均寿命データ(2010年)で男女ともトップとなった長野県。“最も幸福かつ長寿な県”という栄冠を手中にできたのはなぜか? 長野県庁・健康長寿課・小林良清さんに聞いた。
「実は、平均寿命トップになった理由に日本人の“死因”が変化したことが関係しているんです。40年ほど前の日本の死因のトップは脳卒中でした。当時、長野も脳卒中の死亡率がとても高くて……。平均寿命もそれまで5位以内だった男性が9位に、女性は26位に落ちたんです。脳卒中の原因のひとつに塩分の取りすぎが挙げられるのですが、長野はまさにそれ。海がなく、冬は寒さが厳しい土地なので、漬物など塩を使った保存食が定着していたわけですね」
確かに、県民に聞くと「お茶うけに漬物が出てくる」ほどだとか。
「でもその後、1980年代から全国的に死因が脳卒中からがんにシフトしていきました。実は、長野のがんの死亡率は以前から低く今は全国最低クラス。全国でがんの死亡が増えたことによって、結果的にがんが少ない長野の平均寿命が上位に上がったともいえます」
なるほど、そんなカラクリがあったのだ。それにしても、がんの死亡率が低いのには何か理由が?
「長野は肥満と喫煙者の割合が全国的に見ても低くて、野菜を食べる量が全国一と、がんになりにくい生活を送っていますからね。ただ、脳卒中の死亡率は相変わらず高いままで、そのため1960年代から推し進めている『減塩運動』を徹底する必要があったんです」
「そこで活躍したのが『食生活改善推進員』、通称“食改さん”なんです。市町村や県の養成講座を受けた上で、地域の人の食生活の改善を促すボランティア活動を行なう人たちをこう呼びます。長野県はこの食改さんの数が全国的に見ても多くて活発なんです」
“最も幸福かつ長寿な長野県”の背景には、こうした人たちの地道な活動があったのだ。
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/06/19/19875/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


レス件数:4件(1/1ページ)


▼名前(全角32文字内)


▼コメント(全角1500文字内)※必須

◆コメントの文字色
◆コメントの文字サイズ

画像や動画等を添付する

※投稿可能ファイル容量は5MBまでです。
※ファイルは次ページで投稿します。


▼削除キー(半角英数字32文字内)※必須

※全角文字、記号及び絵文字は使用しないでください。

!!注意!!

出会いを求める内容の書込みや、金銭的なやり取りを伴う内容の書込み、荒らし行為等は禁止しております。
悪質な荒らし行為は、書込み禁止またはアクセス禁止とさせていただきます。
これらをご理解頂いた上で書込みをお願いします。

このスレッドのURL

ニュース速報一覧

注目ニュース一覧