新型iPhoneの指紋認証破りに懸賞、総額160万円

新型iPhoneの指紋認証破りに懸賞、総額160万円

+拡大する

No:264288405 投稿者:まさし Date:2013.09.23 22:30

(CNN) セキュリティー研究者が総額1万6000ドル(約160万円)以上の懸賞をかけて、米アップルの新しいスマートフォン「iPhone(アイフォーン)5s」に搭載された指紋センサー「タッチID」のハッキングを呼びかけるサイトを開設した。

このサイト「IsTouchIDHackedYet.com」を開設したのは、スマートフォンのセキュリティー破りで有名な研究者のニック・デペトリロ氏と、セキュリティー企業エランタ・セキュリティー経営者のロバート・デービッド・グレアム氏。

デペトリロ氏は短文投稿サイトのツイッターで21日、同サイト開設の狙いについて、「アップルのタッチIDのセキュリティー対策について、批判を展開させること、または批判を封じ込めること」にあると説明している。

賞品には現金やデジタル通貨「ビットコイン」、アルコール飲料、さらにはアダルト本などを用意した。22日午前の時点でまだ、ハッキング成功の発表は掲載されていない。

20日に発売されたiPhone5sには、セキュリティー強化策として指紋センサーがホームボタンに内蔵された。ユーザーが自分の指紋を登録しておくと、ボタンの上に指を置いてロックを解除できる仕組み。他人の指では解除できず、端末を利用することはできない。

挑戦者はこの指紋認証の手順をかわして、5回以内の試行でiPhone5sのロックを解除する必要がある。すべての手順は動画に記録することが条件。

デペトリロ、グレアムの両氏は、メーカーなどが見落としているセキュリティー上の弱点について調査・報告している「善玉ハッカー」と呼ばれる存在。メーカー側は一般的に、こうした専門家による協力を評価し、問題の解消に役立てている。

アップルにもコメントを求めたが、返答はなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130923-35037531-cnn-int

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


レス件数:2件(1/1ページ)


▼名前(全角32文字内)


▼コメント(全角1500文字内)※必須

◆コメントの文字色
◆コメントの文字サイズ

画像や動画等を添付する

※投稿可能ファイル容量は5MBまでです。
※ファイルは次ページで投稿します。


▼削除キー(半角英数字32文字内)※必須

※全角文字、記号及び絵文字は使用しないでください。

!!注意!!

出会いを求める内容の書込みや、金銭的なやり取りを伴う内容の書込み、荒らし行為等は禁止しております。
悪質な荒らし行為は、書込み禁止またはアクセス禁止とさせていただきます。
これらをご理解頂いた上で書込みをお願いします。

このスレッドのURL

ニュース速報一覧

注目ニュース一覧